2007年08月31日

アイドルの裏の素顔

その一方で、前述の山口智子がその後女優活動のためにモデル事務所から現在の事務所へ移籍したように、水着グラビアモデルとその後の芸能活動とは、スポンサーの意向などが障害となって、上手くは繋がっていなかった。山口は1988年のNHKの連続テレビ小説で主演を果たし、以後は水着を封印し女優としてステータスを築いて行く。そんな中でイエローキャブは、水着着用モデルからその後の女優・歌手、バラエティ・タレント等への展開を一括に考えたプロダクションとして脚光を浴びていく。

野田自身は後年「グラビアアイドルというカテゴリーを俺は否定している。グラビアはどうやったらその娘が売れるかという単なる手段であって、そう言われるだけでレッテルを貼られてしまう」と自身のやってきたこととグラドルに対してのスタンスを明確にしている。またその対談相手であった清水幸治(現フィットワン社長)も「作り手としては世間に広く通用する人気者を作りたいだけで、グラビアアイドルを作る、売り出すなんてハナから思っていない」と野田の発言に同意を示している。(QuickJapanVol.68「特集グラビアアイドル」の対談記事から)
また飯島直子は1989年にカネボウ、1990年にはキリンビール、宇部興産のキャンペーンガールを務め、翌1991年にはキグナスF3000のキャンギャルとなり、のちのレースクイーンの芸能界進出の足ががりを作っている。その後グラビアを封印してタレントに転身し、1995年にコカコーラ『ジョージア』の「やすらぎパーカープレゼント」CMで親しみやすく話しかける姿が話題になり、そのCMから名をとって『安らぎ系タレント』と呼ばれることになる。これは20世紀末に現れる「癒し系ブーム」の走りと言えなくもない。


[編集] 1990年代のグラビア
1991年頃には、女性アイドルを扱った雑誌『BOMB』表紙では、それまでアイドルの顔写真が多かったものが、水着の全身に近い写真が増加した。当時アイドルとして人気絶頂だった宮沢りえが、突如としてヘアヌード写真集を発売。世間に与えたインパクトは非常に大きく、150万部のベストセラーとなり、これは芸能人写真集売上記録となった。またオスカープロモーション所属のC.C.ガールズのような、セクシー路線に徹したアイドルグループも多数登場したが、当時はまだ「癒し系」という概念はなく、体に不釣合いであっても豊かなバストであることがポイントとなるなど、売り込む対象は一部の男性層に限られ、恒久的に持続する人気が得られているわけではなかった。また『桜っ子クラブ』でデビューした井上晴美が水泳で鍛えたしなやかな肉体美と豊かなバストでグラビアを賑わせた。

1992年にフジテレビが自社キャンペーンガールとして『フジテレビビジュアルクイーン・オブ・ジ・イヤー(以下フジテレビVQ)』を創設。グラビアで活躍するアイドルを毎年起用するようになり、翌1993年には内田有紀が選出されている。またこの年には集英社が自社発行のヤングジャンプ誌上で『ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション』として「制服の似合うアイドル」をテーマにした誌上オーディションを開始。こちらは翌1993年に北村麻衣(現:宝生舞)がグランプリを受賞している。こうした流れは途中でいくつかの紆余曲折がありながらも21世紀に入った今日まで続いている。

1994年、この年にエポックメーキングな登場をしたのが雛形あきこである。2年前に俳優として芸能界デビューしていたがパッとせず、イエローキャブに移籍して稲森いずみ、吉野公佳、木内あきら等と共に『フジテレビVQ』に選出され水着グラビアを始めるとその素質が一気に開花。俗に「雛ポーズ」と呼ばれる両腕を絞り胸の谷間を強調するポーズは、どこか子供っぽさが残る愛らしい表情と相まって、世の男性の性的欲求を大いに刺激し、これ以降の水着グラビアに1つの方向性を示したといえる。

1995年、青木裕子や坂木優子などが登場し、水着姿の写真集が改めて人気を得た。トピックとして、女性雑誌においてもツーピース水着の特集回数がワンピース水着を上回った。フジテレビVQでは華原朋美、榎本加奈子、遊井亮子、秋本祐希が選出されている。

1996年、雑誌グラビア隆盛を受けて、講談社の『ミスマガジン』コンテストが青年誌を舞台とした『ミスヤングマガジン』と名称を変えて復活。第1回のグランプリにはイエローキャブの山田まりやが選ばれ(山田は同年の『フジテレビVQ』にも選出)、また前述の雛形あきこが前年の活躍を評価されて第29回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞するに至り、イエローキャブの名声は『巨乳』のキーワードと共に世間に大いに知れ渡り、隆盛を極める。この年には黒田美礼が本格デビューし、セクシー系グラビアを代表する存在として活躍している。

またデビューから時間を経て人気が出てきたものもいる。2年前に第1回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを獲得し芸能界デビューしていた広末涼子がNTTドコモのポケベルCMで全国区となり、可憐な美少女キャラとしてグラビアにも進出。『ショートカット』という流行キーワードを生み出し、多くのファンの心を虜にした。1993年にねずみっ子クラブでデビューしていた仲根かすみがこの年以降ソロとしてグラビア活動を始めて人気を得る。同じ頃川村ひかるがグラビアデビューを飾っている。

1997年、この年でグラビア界で一番大きな出来事といえば、大手芸能事務所ホリプロをバックボーンにしたグラビアアイドル優香のデビューである。幼さを感じさせる愛らしいルックスとそれに似合わぬ巨乳の持ち主というギャップで一気にグラビアクイーンに。その後も司会業から芸人並みのコントまでこなせる幅広い適応能力が評価されて人気タレントになったが、グラドル時代に発売されたDVDや写真集は今なお売れ続けている。

そしてこれを皮切りに他の芸能事務所もイエローキャブの手法、いわゆる「巨乳ブーム」に追随する動きが出ている。

この時の事を野田・現サンズエンタテインメント社長は『自分たちは小さい事務所だから自分トコのタレントを世間に知ってもらう為にはグラビアみたいなところから始めるしかなかった。でもそこに大手のホリプロが入ってきたからね。優香はホリプロの大看板を背負って出てきたわけだから、こりゃ、「勝った」なって思ったな。やっと俺のやってきたことが認知されたなって、それまでも少しづつ変わっていたけど、優香が売れたことによって巨乳=トロイみたいな認識から、その子の頭の良さや人間性に注目してくれるようになったよね。』と語っている(QuickJapan Vol.68「特集グラビアアイドル」の対談記事から)。
優香はデビュー1年後の1998年の第36回ゴールデンアロー賞グラフ賞を皮切りに1999年第37回最優秀新人賞・放送新人賞、2000年第38回放送賞と3年連続でゴールデンアロー賞を受賞し、第40回ゴールデンアロー賞でゴールデングラフ賞の記念表彰を受ける快挙を成し遂げて、グラビアアイドルの地位向上に大きく貢献した。優香の成功によりグラビアアイドルは、ついにその強固なステータスを業界内に築き上げることになった。この流れに乗るようにアーティストハウス・ピラミッドの柳明日香もフジテレビVQに選出され人気を獲得している。

その一方で巨乳グラドル隆盛の中、細身で美乳、ポヤッとした温かみのある顔立ちという新しいタイプのグラドルとして、藤崎奈々子がフジテレビVQに選出。翌年には山川恵里佳が『ミスヤングマガジン』特別賞を受賞し、イエローキャブに対抗する新たな芸能事務所としてアバンギャルドが注目されるようになる。同路線では子役として長い芸歴を持つ吹石一恵もフジテレビVQに選出されている。また賞とは縁が無かったが松田純もこの時期にデビューし、大きな人気を獲得した。さらにこの年にはテレビ番組「ASAYAN」の企画オーディションで不合格者となったメンバーを集めて結成したアイドルユニット・モーニング娘。の第1期メンバーが活動を開始。後のハロー!プロジェクトの核となっていく。


1998年、フジテレビの『ビジュアルクイーン・オブ・ジ・イヤー』に対抗し日本テレビでも独自の自社キャンペーンガールとして『日テレジェニック』の選出をスタート。第1期メンバーにはティーン向けファッション誌モデル出身の加藤あいと酒井彩名、原史奈(同年「ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション」グランプリ受賞)等に加え、イエローキャブからロリータフェイスと巨乳、モデル並みの長身で注目された佐藤江梨子が選出されている。ちなみにこの年の『フジテレビVQ』には1996年にギャル系グラビアアイドルの走りとしてデビューしていたアーティストハウス・ピラミッドの安西ひろこが、アバンギャルドからは同年のミスヤングマガジングランプリを受賞した清純派の柴田あさみが選出されている。双方ビジュアル的に非常にレベルの高い面子が揃ったことで、この年以降、フジテレビVQと日テレジェニックは、グラビアアイドルにとっての大きな冠タイトルとして2003年まで毎年凌ぎを削ることになる。

その他にはオスカープロモーション主催の『オスカーグラビアグランプリ』で菊川怜がグランプリを受賞。同年、『東レ水着キャンペーンガール』にも選出され、現役東大生という異例の高学歴グラビアアイドルとして注目を浴びた。また平井理央がこの年からテレビ東京『おはスタ』のマスコットおはガールの一員として活躍しグラビア方面にも進出して人気を博しているが、自身の夢であるアナウンサーを目指し僅か数年でアイドルを引退。2005年よりフジテレビのアナウンサーに転身している。イエローキャブでは小池栄子がデビューを飾っているが、注目されるのは翌年以降である。


1999年、世紀末を迎えてなお日本全体が不況の中にあり、世は「癒し」がブームとなった。これに伴って、グラビアに出演するタレントにもこれまでのセクシーさよりも親しみやすさや安心感、危うい無防備さ等が求められる傾向が強まった。その先鞭をつけたのが本上まなみであり、その流れをさらに広げた代表格が井川遥である。

本上のデビューは早く1994年にテレビドラマの出演で芸能界デビュー。1995年に『ユニチカサマーキャンペーンガール』に起用され、既にグラビアでも活躍していたが、前年の『爽健美茶』のTVCMが話題となり一気にブレイク。癒し系の代表格といわれる。また井川はこの年の『東洋紡水着サマーキャンペーンガール』でデビュー。翌2000年にも『アサヒビールイメージガール』に選ばれ人気が上昇。2001年にはゴールデンアロー賞グラフ賞を受賞し、本上と共にこの後暫く続く癒し系グラドル隆盛の旗頭となった。

また既に一定の人気を得ていた優香が飯島直子と共演した缶コーヒーのCM『ジョージア』で癒し系のキャラクターへシフトチェンジし更なるブレイクを見せている。

癒し系がヒットした影響を受けて、デビュー当初から癒し系を意識したグラドルが数多くデビューするようになる。酒井若菜がこの年の『日テレジェニック1999』に選出(その2年前には酒井美幸名義で『ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション』で準グランプリを受賞)。安めぐみもこの年の『ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション』で準グランプリを受賞している。また冠タイトルには縁が無かったが、前年にデビューしていたフィットワンの乙葉も重要な癒し系グラドルの1人である。

一方、癒し系とは別に、モーニング娘。に後藤真希が新メンバーとして加入。直後の楽曲『LOVEマシーン』が音楽シーンにおいて大ヒットしたことでハロプロ勢のグラビア進出がより一層華やかなものになっていた。『フジテレビVQ』もホリエージェンシーの吉井怜、スターダストプロモーションの内藤陽子らが選出されている。なお吉井はグラビアアイドルとして活躍を期待されていた矢先の2000年、写真集撮影の際に急性骨髄性白血病で倒れそのまま長期休養に入り引退が懸念されたが、2002年に病魔を克服して復帰。その際発行した闘病記がベストセラーになっている。イエローキャブからはMEGUMIがデビュー。

2000年、前年の癒し系ブームは更に加速。ゴールデンアロー賞グラフ賞は、その独特な天然ボケ不思議キャラと抜群のプロポーションで人気になった釈由美子が受賞している。釈は1997年に講談社『週刊ヤングマガジン Missキャンパスグランプリ』でグランプリを獲得しグラビアデビュー。同時にTBS系の深夜番組『ワンダフル』の第1期ワンダフルガールズとして活躍していたが、グラビア方面でよりブレイクしたのは癒し系ブームが始まってからで、早すぎた癒し系の1人と言えるかもしれない。

また癒し系とは違う流れのグラドルも徐々に出始め、この年の『日テレジェニック2000』には前年にデビューした眞鍋かをりが選出され、ビジュアル面だけではなく明るく華やかで屈託のないキャラクターが大いに受けて、写真集やDVDなど、出すグッズアイテムがことごとく売れるグラドルとして一躍人気者になる。特にこの少し前にアイドル系の新しいグッズアイテムとして登場したトレーディングカードの売上は凄まじく、眞鍋の出した好結果に影響されて、グラドルの有力商品グッズの1つとして定着していった。『フジテレビVQ』には周防玲子(現:すほうれいこ)、一戸奈未(現:一戸奈美)、川村亜紀(同年「ミスヤングマガジン」グランプリ受賞)、桜井裕美(後に『JJ』のファッションモデルに転身)、三津谷葉子(1996年『ホリプロタレントスカウトキャラバン』優秀賞)、金子さやかの6名が選出。またこの年の『ホリプロタレントスカウトキャラバン』で審査員特別賞を受賞した綾瀬はるかがグラビアアイドルとしてデビュー。この頃は大きな反響を得られなかったが、後にテレビドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』で主演に抜擢され女優として開眼する。

ハロプロ勢にも4月から石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、加護亜依の4名が加入。前年の勢いを加速して一般雑誌にまで取り上げられるほどのブームを巻き起こし、グラビア業界を華やかに彩った。この他では杏さゆりがこの年の「ミスヤングマガジン」準グランプリを受賞。細く締まったしなやかなウェストから後に「くびれクイーン」の称号を受けてグラビア誌面で活躍する。

[編集] 21世紀のグラビア
2001年は表立って派手な展開はなかったものの、グラビアの転換期に入った年と見ることができる。

癒し系の系譜に入る吉岡美穂が2000年に『サントリーDハイ小町』及び全日本GT選手権『マリオレーシングチーム・キャンペーンガール』となり業界入り。この年に『トリンプ下着キャンペーンガール』、そして『レースクイーン・オブ・ジ・イヤー2001』受賞を経て本格的にテレビ業界に進出。翌2002年にかつらメーカーのCMに出たことで人気が急上昇。2002年の第40回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞した。

『ミスヤングマガジン』が講談社発行の漫画誌を統合した大型オーディションにリニューアル。名称を『ミスマガジン2001』として最初にグランプリに選ばれたのは加藤未央。だが当人は大学進学を希望しグラビア活動を極力控えてしまったため、グランプリ受賞者がいきなりグラビアから遠ざかるという前代未聞の事態に。その為かこの年のミスマガジンは勢いがつかず、現在でも目立った芸能活動を続けているのはTBS系『スーパーサッカー』で白石美帆の後を受ける形でアシスタントとして芸能界復帰した加藤と芸能人女子フットサルチーム『ミスマガジン』でキャプテンを務める鎗田彩野(現:立花彩野。翌2002年『フジテレビVQ2002』に選出)ぐらいでとても成功したとはいえなかった。

『日テレジェニック2001』はイエローキャブから小野愛、アバンギャルドから藤川のぞみ、鈴木葉月らが選出。またテレビ朝日がフジテレビ、日本テレビに続き3つ目のテレビ局キャンペーンガールとして『テレ朝エンジェルアイ』の選出をスタート。第1期メンバーには石川恵理(現:石川エリ)、大沢安希、大城美和、樹里(同年第1回ミス・ヤングアニマルGIRLSコンテスト準グランプリ受賞)が選出されるも、いま1つ地味な感がぬぐえなかった。『フジテレビVQ2001』ではティーンファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルだった浅見れいな、前年にバップが選出したグラビアアイドルユニット『プチエンジェル』の第1期生だった小向美奈子、ホリエージェンシーの宮地真緒(翌年『旭化成水着キャンペーンガール』に抜擢)ら好素材が選出されて気を吐いたものの、大筋この年は既存の癒し系グラドル達の勢いを止められる存在がいなかったといえるだろう。

その一方でこの時期には、小柄な妹系グラドルとして市川由衣(当時エイジ、現研音所属)、アバンギャルドの小倉優子、ホリエージェンシーの磯山さやか、今時のギャル系グラドルとしてプラチナムプロダクションの若槻千夏、大人っぽいセクシー路線として比較的高めの年齢層を狙ったアーティストハウス・ピラミッドの熊田曜子、イエローキャブからはバスト103cmという規格外の巨乳を持った根本はるみ、後に「ワカパイ」の愛称で人気となる井上和香がこの年を前後してグラビアデビューを飾っていて、翌年以降のブレイクを期待させた。

またローティーンのうちに大きな芸能オーディションで賞を獲得したアイドル候補達が、この頃続々とグラビアに進出している。その最たる存在が上戸彩と長澤まさみで、1997年に行なわれた大手芸能事務所であるオスカープロモーション主宰の『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で審査員特別賞を受賞し芸能界入りした上戸彩が、この年に自身が出演したドラマ「3年B組金八先生」で性同一性障害という問題を抱えた女生徒役を好演し注目を集め、また2000年に行なわれた『第5回東宝シンデレラコンテスト』において当時12歳でグランプリを獲得した長澤まさみが女優子役方面でも活躍しつつ、ティーンファッション誌『ピチレモン』の専属モデルを経て、徐々にグラビアアイドル誌での露出も始める。


2002年は前年の反動からか、各方面から優れた素質を持つグラドルが多数輩出された豊作の年といってよい。

『ミスマガジン2002』では癒し系の系譜を引き継ぐホリプロの和希沙也がグランプリ、アーティストハウス・ピラミッドの安田美沙子がミスヤングマガジンをそれぞれ新人として受賞。またミス週刊少年マガジンには前年の『ポポロガールオーディション』でグランプリを受賞し妹系グラドルとして活躍していたワタナベエンターテインメントの中川翔子が選出。

『フジテレビVQ2002』では前述の鎗田彩野の他、市川由衣、ファッション誌「Ray」の専属モデル香里奈、前年の『ヤングジャンプ制コレ2001(「全国女子高生制服コレクション」より改名)』で準グランプリを受賞していたスターダストプロモーションの沢尻エリカが選出され、鎗田以外の3名は数年後に若手実力派女優として開眼していくことになる。『日テレジェニック』では既にグラビアで多くのファンを獲得していたアバンギャルドの小倉優子、2000年の『第25回ホリプロタレントスカウトキャラバン』グランプリの藤本綾、昨年秋からテレビドラマ『3年B組金八先生』にて上戸彩と共に生徒役で共演していたスターダストプロモーションの佐藤めぐみ、森本さやからが選出された。

『テレ朝エンジェルアイ2002』は前年の反省からイエローキャブからMEGUMI、プラチナムプロダクションから伊織、ホリプロの木南晴夏(同年に第1回『ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜』グランプリ受賞)等グラビア大手の事務所から選出し、冠タイトルに見合う陣容を揃えた。

またこの時期、テレビ業界からグラビアに逆進出するという現象も見られた。サンミュージックブレーンの小野真弓が消費者金融『アコム』のテレビCM起用で注目され、「しょせんは金貸し」という一般的なイメージを払拭する反響を呼んだ勢いでグラビアにも参入。同時に特撮番組の『忍風戦隊ハリケンジャー』に出演した山本梓と長澤奈央がビジュアル面から人気となってグラビアに取り上げられた。今後これらの路線は多くのグラドルに引き継がれていくことになる。

2002年度は各人のその後の活躍振りを見ても、非常に質の高い素材が揃っていた年であったが、グラドルの大きな冠の1つである『フジテレビVQ』がフジテレビの自社アナウンサーのアイドル化現象(前年にデビューしたアヤパンこと高島彩の存在が大きい)による路線変更からこの年で廃止されている。

さらにこの年よりタレント系芸能事務所がモータースポーツ界に参入し、自社所属新人タレントの顔見世を兼ねてレース場にレースクイーンとして派遣する事業が始まる。プラチナムプロダクションからは全日本GT選手権(現:SUPER GT)のイメージガールとして若槻千夏、伊織、星野加奈、高杉さとみ(現:高杉さと美)が、アバンギャルドからはレースクイーンとして佐藤ゆりな、古谷沙織、田中かおり等が派遣された。この手法は直接的なコミュニケーションによってファンの支持を獲得しながらグラビア活動を本格化させて相乗効果を狙ったものであり、またアイドルファンが訪れることによってレースクイーンの知名度も大幅にアップするという波及効果も生み出しその中からグラビアアイドルに転進する者もそれまで異常に増えたことで一定の成功を収めている。この年をきっかけに、サーキットはまだあまり知られていない新人グラビアアイドルと直接触れ合える場所として認知されるようになった。またグラドルの老舗イエローキャブでは根本はるみ、小林恵美ら新人グラドルを使って『R.C.T.(あーるしてー。R指定にかけたもの)』というセクシー系アイドルグループを結成したが、こちらは一時代前の手法でアピール度が薄かったこともあり、ほとんど成功を収められなかった。
posted by グラビアアイドル at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長澤まさみのセクシーな水着姿を紹介!!!長澤まさみセクシー水着集です。
Posted by 長澤まさみセクシー水着集 at 2007年10月09日 05:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ

タグクラウド

最近の記事
RSS取得
RSS取得
RSS取得
RSS取得
RSS取得
RSS取得
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。